im电竞官网下载

00656.HK --

復星の戦略的進化

キーワード:グローバリゼーション、FC2M(Fosun Client-to-Maker)エコシステム、イノベーション推進、ツインドライバー(産業運営+産業投資、保険+投資)、FES(Fosun Entrepreneurship/Ecosystem System)

グローバリゼーション

イノベーションを推進するファミリーコンシューマー産業グループとして、復星は中国に根ざし、グローバルに成長しています。復星はグローバリゼーションの実践者であり、推進者であり、先駆者です。 グローバリゼーションは、復星が創業以来30年にわたり発展してきた中で、継続的に内面化してきた組織能力および競争優位性です。
復星が提唱するグローバル化戦略とは、「中国(ローカル)-グローバル」のツインドライバーのことです。中国の消費市場のニーズを満たすために、世界に投資してきた優れた製品やサービスを中国の消費市場に持ち帰り、人々がより良い生活を実現できるよう支援する一方で、「国内循環を主軸とし、国内市場と海外市場の循環を促進する」という新しい発展パラダイムのもと、復星はグローバルな発展を深く実践し、企業の社会的責任を果たし、グローバルな優良産業の育成を続け、より広く深く国際協力の可能性を探り、国際ブランドの永遠の発展を助け、さらに多くの優良企業も支援します。また、より質の高い中国の中小企業ブランド、中国製造、とりわけ「中国智造(スマートチャイナ)」の海外進出を支援します。
「反グローバル化」の波に直面し、中国に根ざしたグローバル企業は希少になり、その価値はますます高まっています。復星のように、真に中国に根ざし、グローバルなリソースを統合できる企業は数が多くありません。 将来に向けて、復星はグローバルな能力をさらに活用し、国や顧客への貢献度を高め、株主により高い価値を創造していきたいと考えています。

FC2Mエコシステム

復星は、世界の10億世帯をターゲット顧客とし、ファミリー顧客を核としたFC2Mハピネス・エコシステムの構築を提案してきました。
「FC2M (Fosun Client to Maker)モデル」とは、顧客の要望によって、製品創造と迅速的反復が促進される産業界の閉じたループのことです。Cはクライアント、Mはメーカーで、2はクライアントとメーカーをつなぐことを意味します。
復星は「C端末(クライアント)を最優先とし、M端末(メーカー)をトップとする」という戦略を提案し、FC2Mエコシステムにおける各産業がC2Mを実践し、ファミリー向け産業のメーカーがデジタル化とオンライン技術を通じてクライアントとつながり、垂直方向のC2Mの閉じたループを形成する必要があるとしています。 そして、この縦のC2Mの閉じたループを横に展開することで、FC2Mのエコシステムが形成され、ファミリー顧客に対する価値の創造を最大化し、産業間のエコシステム乗数効果を生み出します。
これまでFC2Mエコシステムは、医療サービス、健康管理、医薬品流通、リハビリ・高齢者介護、金融・ファイナンス、ファッション・エンターテインメント、クオリティ型消費など、さまざまな分野で導入されています。

イノベーションの推進

グローバルなイノベーション主導のファミリー向けコンシューマーグループとして、復星は、「ファミリー顧客の幸福」というニーズを中心としたFC2Mエコシステムを構築する過程において、イノベーションを原動力とし、様々な産業や分野におけるイノベーションのリーダーとなることを目指しています。
イノベーションは、復星が着実に成長していくための「血液」であり、「DNA」です。 イノベーションの重要性は、復星の従業員一人ひとりの骨の髄まで深く浸透しており、製品開発、機能構築、人材獲得における復星の行動と実践に内側から影響を与えています。
復星は、独自の研究開発、投資とインキュベーション、特許ライセンス、協力による革新的製品の導入を通じて、多次元的なイノベーションシステムを構築し、ファミリーのニーズに焦点を当て、グローバル・イノベーショントラックにおける主導的地位を占め、製品力と競争力を備えた復星製品を育てています。
また、復星は「イノベーション・パートナー」を設立し、復星のエコシステムの中にトップクラスのイノベーションの才能とリソースを結集させています。このうち、科学技術開発パートナーは主に医薬品の研究開発、スマート技術、スマート製造などの革新的な分野を、創造イノベーション類パートナーは製品設計、IP創出、建築設計などの分野で復星が誇るトップクラス人材を主とし、無形文化遺産継承者や名匠名工など多くの一流の職人もこの中に含まれています。


ツインドライバー

産業運営+産業投資

復星のコア・コンピタンスの一つは、深い産業運営と産業投資を結びつける能力です。 創業以来、復星は「事業+投資」の戦略を堅持し、「産業運営+産業投資」のツインドライバーによりグローバル企業へと発展成長してきました。
長年にわたって蓄積された産業の経験によって、復星はグローバルで、より多くの投資機会をつかむことが可能となり、復星エコシステム内の産業シナジーによって産業を転換させる「乗数効果」を実現する能力を持つことができるようになりました。 2019年以降、「ファミリー顧客の幸福」というニーズを中心とした復星の産業展開が完成にむかっています。外部市場は集約的な「ストック時代」に入り、また、ビッグデータ、AI、産業インターネットなどの次世代技術も成熟してきています。 復星は、「深層的産業運営」に力をいれ、製品の運用から顧客の運用にわたり、より多くのストック価値を掘り起こすよう努力します。
復星は、産業界のM&Aや投資を通じて、産業界の運営能力を高めることを目指しています。産業事業へ重点を置くことは、投資能力を放棄したという意味ではありません。投資は、復星のDNAに刻み込まれており、産業界を支える手段であり、復星の特徴であり能力となっています。現有の「ツインドライバー」に、さらに「投資」という「ドライバー」が加わり、補完するものとなっています。
投資は、顧客やユーザーにサービスを提供する手段であり、復星のFC2Mエコシステムをさらに強化し、エコシステム内のシナジーを創出します。 産業投資は、ホールディング型で戦略強化型の投資に重点を置いています。 産業事業と産業投資のいずれにおいても、復星は主要戦略に集中した投資を行います。シナジーが十分ではなく、復星のエコシステムと強い結びつきのない一部の企業には撤退戦略を選択することになるでしょう。

保険+投資

復星は常に価値ある投資を堅持し、「保険+投資」のツインドライバー戦略で、グローバルな発展のための強固な基盤を築いています。旅行、文化、医療などの産業は、投資により、短期間で深い産業基盤を構築しました。
「保険+投資」モデルは、復星の能力に内包されており、 将来的には、主に産業強化的な投資を主とし、より深い産業運営に貢献することになります。また、保険は、復星傘下のさまざまな産業とのシナジーを高め、復星のFC2Mエコシステムにおいて、より大きな価値を発揮することができます。

FES

FES(Fosun Entrepreneurship/Ecosystem System)は、「世界中のファミリー顧客の生活をより幸せにする」というミッションのもと、復星が設計・構築した管理システムです。このシステムは、復星の「産業運営+投資」戦略に基づいており、復星の産業運営と投資におけるベストプラクティスを、再現性と拡張性のあるツールとプロセスに抽出し、復星の起業家精神と共同創業エコシステムBDを継続的に発展させて、「高成長」を実現するものです。Entrepreneurshipとは起業家精神を表し、FESが共同起業家精神と成長の共同成長精神を反映するシステムであることを意味します。Ecosystemは生態系を表し、FESが復星のエコシステムのシナジーによって指数関数的成長の実現を支援したいということを意味しています。
FESは産業運営だけではなく、産業投資に対する管理システムでもあります。その中核は、復星の「産業運営+投資」戦略に基づいており、復星が長年にわたって蓄積してきた産業運営と投資のベストプラクティスを、複製・推進可能なツールとプロセスに抽出し、最終的に企業価値の持続的かつ高成長の実現を支援します。
FESのシステムは、全員参加型で、持続的な高成長を目指し、事業運営における痛みや課題を解決するための管理システムです。
復星は、FESの、投資+運営管理システムを通じて、コア事業分野の成長を促進する産業投資を行う一方で、復星の運営管理のベストプラクティスを抽出・改良し、グローバル企業を強化したいと考えています。FESは顧客満足度の向上、「共同創業」精神の育成、復星のエコシステム内でのシナジー強化に取り組み、「指数関数的成長」という経営目標達成を支援します。

復星の戦略的進化の特徴:戦略の決定と蓄積

1)戦略的決意の維持:復星の企業成長は、常に「変化と不変」で、その戦略進化は常に継続的である。成長の段階、戦略の進化、焦点の切り替えの各ステージは、そのときの市場、周期、企業発展などの要因に体系的に対応している。復星は、確固たる内部企業統治論理があり、多くの優れた産業運営と投資事例により、その戦略選択の正しさが証明されている。
2)常にトレンドにのる:復星の成長は、常にトレンドにあわせ、時代のチャンスを掴み、成長の原動力とする。そのときの経済、社会、技術、地域、環境などの要因を統合して、企業発展のために最適な決定を下している。
3)価値創造の堅持:復星は「正しいが、難しいこと」を行うことにこだわり、内外の成長要因をとらえ、自らの事業ポートフォリオと産業ポートフォリオを絶えず最適化し、組織編成をアップグレードし、顧客、株主、従業員のための価値創造に注力している。
4)継続的な自己改善:産業展開の段階において、復星は絶えず試行錯誤している。その過程で、必然的に淘汰される投資や創業・インキュベーションプロジェクトもあるが、全体的に見れば、好調なプロジェクトが不調なプロジェクトを上回り、その比率は「2:7:1」法則に近い数字である、すなわち復星のエコシステムの下で最終的に生き残り発展する優れたプロジェクトが約70%、まだ市場で検証されていないプロジェクトが約20%となる。そのほとんどが健全に運営されているプロジェクトで、本当に損失を被り「授業料」を支払ったプロジェクトはわずか10%にも満たない。
5) 継続的な能力の蓄積:戦略的進化は、ビジネス展開の変化だけでなく、能力、組織、人材展開にも変化をもたらす。同時に、前ステージで蓄積された経験は、次のステージの基礎になる。

復星発展の成功体験

1)30年近くの発展を経て、復星はグローバル展開、産業展開、C2Mの開拓を完了した。復星のビッグ・エコシステムは基本的な形が作り出された。復星の現在の業績成長は、過去の発展の蓄積の結果であり、単にある過去の発展段階の結果ではない。グローバル化、投資、産業運営、FC2Mなどの0から1の過去からの蓄積が有機的に現在の成果となっている。
2)復星は常に学習し、ベンチマークし、進化している。 さまざまな発展段階において、復星は常に他者から学び、ベンチマークすることを重視してきた。 ゴールドマン・サックスからGE、バークシャー・ハサウェイからダナハーにおよぶ。学習とベンチマーキングの目的は、復星自身の発展の欠点を継続的に補うことである。段階によって、戦略的な重点が異なるだけである。復星には明確で確固たる包括的戦略パノラマがあり、企業発展成長の過程で行う戦略的選択は、全面的放棄でも全面的コピーでもない。このような両極端な選択はいずれも望ましいものではない。
3) この10年間、特に企業の戦略的進化と実行の第三段階において、復星はグローバル化と高い潜在力を持つ産業へ布石を打つという施策を進めてきた。この過程で、回り道をし、落とし穴にはまったり、代償を払ったこともあったが、払うべき対価を払い、0から1の経験を多く蓄積させたことが、復星の経営・投資リスクに対する対抗力となっている。現在、復星は新たな発展段階に入り、多くの分野と産業が収穫期と指数関数的成長期を迎え、収益と利益が急速に伸びている。
4)次に、レイアウトされたセグメントや産業は1からNへ、好転からノーマルな成長へ転換し、セグメント間の相乗効果により、相乗的な増収増益を実現するだろう。グループが創造したエコシステムとトッププラットフォーム(復星星選、復星健康など)は復星システム全体に、より活発な発展の原動力を提供する。
5) 将来、復(fu)星(xing)は「共(gong)同事業、高成(cheng)長、世界貢(gong)献」という戦略を堅持し、事業と投(tou)資をカバーするFESシステムを活用し、復(fu)星(xing)のエコシステムのシナジーを強化し、持続的(de)な指数(shu)関数(shu)的(de)ꦚ成(cheng)長を実現する。

  • フェーズ1:創業開始

    1992-2000

    フェーズ1:創業開始

    1992-2000

    創業:コンサルティング事業と医薬品、不動産
  • フェーズ2:拡大発展

    2001-2007

    フェーズ2:拡大発展

    2001-2007

    Domestic development: Through the participation in the reform of introducing mixed ownership to state-owned enterprises relying on China’s growth drivers, a comprehensive multi-industry enterprise was formed.
  • フェーズ3:布石

    2008-2018

    フェーズ3:布石

    2008-2018

    グローバル+新産業の系统配置:中国内地の発展動力でグローバルリソースと繋げさせ、産業+運営の二輪駆動の投資グループとなった。
  • フェーズ4:深化

    2019-

    フェーズ4:深化

    2019-

    ディープな産業運営:戦略をフォーカスし、FC2M、イノベーション駆動型家中消費産業グループ
  • External factors

    转型開放が新たな段階に入り、宅基地、資本、労働力が流動でき、现代都市化が勃興したことは復星が医薬、不動産などの核心業界で創業し、発展するために有益于な环境を作り出した。
  • Internal breakthrough

    1992年に創業し、市場調査深入分析業務の範疇を突破点し、診断試薬市場のチャンスを見つけ、海洋生物製薬+医薬零售业領域に入り、1997年に復星医薬が上場に顺利完成。
国家股企業のPOS机代理分譲住宅区販売市場のチャンスを積極的に掴み、策源事件から復地事件まで、中国大の不動産業界に切り込んだ。
  • Typical Case

    199历经四年に復星医薬を設立し、医薬業界に入り、1996年に復星医薬が上場。
1996年に復地を設立し、飞速に我国トップの不動産企業になった。
  • External factors

    国有企业企業の问责制度深化改革、中国内地のWTOの申请加入が将会となり、鉄鋼製造、机械業、デパート小売などの業界が飛躍的に発展し、民営企業が人民経済建設に参与的する正常な契機と行成された。
  • Internal breakthrough

    医薬、不動産業務の構築に上升的な発展:「豫園商城系统」、「南鋼」、「招金」などの国有企业制企業に参入する。小売商品流通、製造、鉱業を積極的に配制し、産業統合の新たな枠組みを実現した。復星の柔軟な経営メカニズムを传递することによって、伝統的な国有企业制企業の市場経営の品質を上移させた。国有化資産価値の积极の协助:「豫園服装商城」、「招金」、「南鋼」の持続的な公路発展を推進した。
  • Typical Case

    200半年豫園购物商城に投資。
200一年に南鋼聯に投資し、研制業に布石を打った。国薬控股企业に投資し、医薬流动分野を配制する。
2005年に復地が上場し、招金鉱業に投資して川上·川下の統合を完備した。
2008年復星国際、招金鉱業上場。
  • External factors

    银行业危機が世间を席巻し、国のマクロ経済が穏健に発展し、安全、银行业と消費産業がアップグレードされた。「グローバル化」プロセスの加速度、「国への投資」がホットスポットとなっている、モバイルインターネットの极速な発展
  • Internal breakthrough

    2012年に、家族顧客を中央とする方針の打ち出し。
復星の国際化戦略が翻过を実現した。
一立では、グローバルの医薬、ファッション、観光、不動産、科技互联网金融、消費などの「国家の発展原動力と全球のリソースを繋げる」機会に積極的に注目し、「保険を基本とする総合科技互联网金融功能」を構築し、Fidelidade、鼎叡再保険、AmeriTrustなどの保険会社に投資し、保険産業の布石を完備した。201七年に豫園が再編され、豫園のホールディングス株主となった。 
  • Typical Case

    2015年にクラブメドを買収。
2020时间内に三合物品に投資。
20十二年に復星プルデンシャル我的生命保険が開業。
2014年に中山市禅医を買収。
2013、1四年はポルトガル保険、鼎叡、AmeriTrustなどの保険会社に投資。
2017年に復星旅文集団を設立し、2016年に广州で上場。
201六年にファッショングループを設立。
2016年に豫園の株式を再編し、ホールディングス株主となった。
  • External factors

    人工控制知能、ビッグデータ、クラウドコンピューティングなどのデジタル化、スマート化技術は、個性化の消費ニーズを触达し、満たすことを也许 とす。産業インターネットが新たなトレンドと原動力になった。
  • Internal breakthrough

    宽度の産業運営の初の年度目标
明確な的位置づけ:「イノベーション駆動の家中消費産業グループ」を構築する。「フォーカス」戦略を打ち出し、FC2M。ベビーツリー、世紀佳縁、ミント健康保健生活、東家、復星健康保健生活+などC2M垂直面サーキットのレイアウトを已完成
エコシステムの乗数:復星旅文と復宏漢霖の上場を推進し、グループの既存産業とのエコシステムの乗数効果を颇为に発揮させる。
  • Typical Case

    去年 に復宏漢霖が発売
19年に海鴎と西安ブランドに投資し、集体所有制企業のモデルチェンジとアップグレードを積極的に协防し、乗数効果を発揮する
2023年にミント更安全に投資し、復星更安全+を設立 
Capability evolution:
  • 0から1へ
    /
  • 従来の企業の構造改革とアップグレード
    /
  • 中国の発展動力とグローバルのリソース
    /
  • FC2M
    /

復星戦略の枠組み:ファミリー顧客を中心としたエコシステムの相乗効果+イノベーション主導の戦略

ファミリー顧客を中心

  • FC2M

    FC2M

    FC2Mは、デジタル化されたツールを使用的して、顧客の細分解と詳細な洞悉を行い、顧客の実際のニーズを体谅し、革故鼎新的な製品とサービスで顧客の悩みを解決する。デジタル化の机制を通じて逆放向に顧客に推薦、正確にコンタクト、CとMの間の双放向の効率的なクローズングループを実現する。
復星は傘下の各産業が所处の細分解分野の垂直于C2Mを貫通することを推進している每立方でM側のデジタル化、产业生态圈でC側に接处する程度を強化し、顧客の要求で駆動することを実現する。每立方、M側の柔軟でスマートなサプライチェーン程度を構築し、顧客の個性的なニーズを効率的に満たす。
  • 産業運用+投資

    産業運用+投資

    投資を以って産業運営程度を強化し、高宽比な産業運営を通じて投融資程度を付与し、二輪ツインドライバーを実現する。
  • 保険(风险管控)+投資

    保険(金融)+投資

    保険はハイヴ/産業に投資し、産業は保険を支えて収益率を上げる
製品力を磨き、引受側の能力を高め、保険投資可能資金規模を持続的に拡大する
資産配置を最適化し、投資先の能力を強化する
「中国の発展動力でグローバルリソースと繋げる」理念に合致する良質な投資対象を引き続き探す
核心戦略の方向性であるゆとり、健康で、楽しい分野の優良企業に重点的に注目する
C2Mロジックに準拠し、エコ乗数を生み出す優れた企業への投資

  • イノベーション主導

    イノベーション主導

    有意识的主动理论研究開発、投資インキュベーション、特許、イノベーション製品の提携導入等の方法を通じて、多块的で立体图的なイノベーション组织体制を構築する
小家庭のシーンに要点的に切り込み、グローバルのイノベーションサーキットの頂点を占め、製品力と競争力が備えた復星の優れた製品を育成する
  • グローカリゼイション

    グローカリゼイション

    トップ設計の排头兵目標が明確になり、「グローカル化调试」エコシステムの相乗効果を推進する
im电竞app|官方下载 乐鱼手机官网登录 乐鱼在线登录-im电竞官网下载 乐鱼app|应用下载 乐鱼App_乐鱼手机版_乐鱼娱乐